食べる

たい焼き店「銀のあん」が夏季限定かき氷-下北沢店で先行販売

多くのフルーツを使った「練乳フルーツあんみつ」

多くのフルーツを使った「練乳フルーツあんみつ」

  •  
  •  

 下北沢北口の「薄皮たい焼 銀のあん下北沢店」(世田谷区北沢2、TEL 03-5738-5214)は6月25日、夏季限定の新商品「特製かき氷 夏の淡雪」の販売を開始した。

 「築地銀だこ」などを展開する「ホットランド」(群馬県桐生市)が経営する同店。「銀のあん」では毎年夏場になると、たい焼きの販売数が落ちる傾向にあった。売り上げ対策に加え、「節電の夏を涼しく乗り切ってほしい」(同社担当者)と、8月31日までの限定で特製かき氷を販売することになった。

[広告]

 種類は「練乳フルーツあんみつ」「いちごミルク金時」「抹茶ミルク金時」(各500円)の3種類。たい焼き店という特徴を生かして、自家製粒あんを使用している。「練乳フルーツあんみつ」はサクランボやモモ、パイン、キュウイなどの果物を使いボリュームのあるメニューに仕上げる。

 容器はグリップ付きのオリジナル品で、食べ歩きできることを意識して開発した。担当者は「冷たいかき氷を食べながら、下北沢の街を散策してほしい」と話す。特製かき氷のほかに、「あずき」「カスタード」(各150円)などのたい焼きも販売している。

 現在のところ下北沢店のみの販売だが、7月8日からは新宿アルタ店や日野駅店、イオンモール日の出店など14店で販売をスタート予定。最終的には計30店で扱っていく考えだ。

 営業時間は11時~20時(夏季)。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?