見る・遊ぶ

下北沢で舞台「阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ」-演出は河原雅彦さん

脚本の赤堀雅秋さん(左)、演出の河原雅彦さん

脚本の赤堀雅秋さん(左)、演出の河原雅彦さん

  • 0

  •  

 下北沢の「本多劇場」(世田谷区北沢2、TEL 03-3468-0030)で9月21日から、アミューズとプラグマックス&エンタテインメントが主催する公演「阿呆(あほう)の鼻毛で蜻蛉(トンボ)をつなぐ」が行われる。

 公演タイトルは、「愚かな者は、トンボをつなげられるほどに鼻毛を長く伸ばしている」という意味のことわざに由来。脚本は、劇団「THE SHAMPOO HAT」の赤堀雅秋さんが担当する。赤堀さんは、市井の人々を描く独特な世界観で支持を集め、外部公演やTVドラマの脚本も手掛ける。今秋には、監督と脚本を務めた映画「その夜の侍」も公開予定。

[広告]

 演出は河原雅彦さん。河原さんは、舞台「父帰る/屋上の狂人」(2006年)で第14回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞したほか、テレビドラマ「下北サンデーズ」、映画「ハチミツとクローバー」などの脚本も手掛けている。今回の公演について、「赤堀くんの脚本は、普段人が隠している部分を描いている。それは演じる役者が、普段は見せないようにしている部分をさらけ出さないと表現できないもの。汚い部分を通して人間のピュアさを浮かび上がらせたい」と意気込みを語る。

 公演は30日まで。開演時間は劇場の公式サイトで確認できる。入場料は、前売り=5,500円、当日=5,800円。チケットは、8月18日から各種プレイガイドで販売。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース