見る・遊ぶ

2007年に解散した「TEAM発砲・B・ZIN」、下北沢で復活公演へ

「ヒノダン」の出演者たち(撮影:熊谷仁男)

「ヒノダン」の出演者たち(撮影:熊谷仁男)

  •  
  •  

 下北沢南口の「本多劇場」(世田谷区北沢2、TEL 03-3468-0030)で5月23日~29日、2007年に解散したTEAM発砲・B・ZINの復活公演「ヒノダン」が行われる。

 1992年、主宰のきだつよしさんを中心に日本大学芸術学部演劇学科生を中心に結成した同劇団。シチュエーションコメディーとSFアクションにこだわり、「大の大人が笑って泣けるヒーローもの」を展開し人気を博したが、2007年に解散。昨年、ヒーローショーの殿堂と言われる「シアターGロッソ」(文京区)で「同窓会&成人式」と銘を打ったトークイベントを開き満席となったことでも話題となった。復活公演の経緯について、きださんは「解散後、もしメンバー全員が集まることがあれば提案してみようと考えていた。とある飲み会でその奇跡が訪れたので、皆に提案したら『やろう!』と即答してくれた」と振り返る。 

[広告]

 同作品は、かつて同じ志を持ち集まった「緋ノ団(ヒノダン)」と呼ばれる精鋭の戦士たちが、敵の襲撃により散り散りになってしまった後、再び敵から街を取り戻す様を描くチャンバラ群像劇。見どころについて、「解散後いろいろな作品に関わり、劇団とはまた違うカラーの代表作もいくつか生まれたので、そういうものを発砲メンバーでやってみたい。元来の発砲テイストにこの6年で培ったものを全て注ぎ込むつもり」と意欲を見せる。

 開演時間は劇場の公式サイトで確認できる。入場料は前売り・当日共に5,500円(全席指定)。チケットは各種プレイガイドで発売中。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?