暮らす・働く

下北沢にペットサロン&ホテル-イオンペットが地域密着型狙い路面店

「アガール下北沢店」のスタッフ(右)と「ペットプラス下北沢店」のスタッフ(左)。「散歩中に立ち寄ってくださるお客さまも増えてきた」と横関さん(一番右)

「アガール下北沢店」のスタッフ(右)と「ペットプラス下北沢店」のスタッフ(左)。「散歩中に立ち寄ってくださるお客さまも増えてきた」と横関さん(一番右)

  •  
  •  

 下北沢一番街商店街に8月10日、ペットサロン&ホテル「a.gare(アガール) 下北沢店」(世田谷区北沢2、TEL 0120-996-537)がオープンした。

「抱っこ一番人気」のフレンチブルドッグ

 店舗面積は約32坪。経営は総合ペットショップ事業を展開するイオンペット(千葉県市川市)。「アガール」は、初台店、戸越銀座店に続く3店舗目となる。これまでイオンペットが展開してきたショッピングセンターメーンの出店からターゲットを変え、都市部の路面店への出店を狙う。「ペットサロンの激戦区となる下北沢店を、今後店舗数を増やす足掛かりにしたい」と同社営業本部の横関泉さん。

[広告]

 サロンのサービスは、サロン専用シャンプー剤をミキサーで泡立てて洗い、すすぎに炭酸泉を使う「シャンプーコース(シャンプー、リンス、爪切り、耳掃除、足裏・足周り・肛門周りバリカン、肛門腺絞り、目頭カット)」(4,100円~)、「シャンプー&カットコース(シャンプーコース+全身のカット)」(6,000円~)、専門スタッフが麻酔をかけずに施術を行う「無麻酔歯石除去(カウンセリング、カルテ作成代込み)」(1万6,200円~/月曜・金曜・土曜・日曜のみ)など。「美と健康に配慮」がコンセプトで、「特に歯石除去を含むデンタルケアには重点を置いており、関連商品も豊富にそろえている」という。料金は犬種・猫種によって異なる。 

 ホテルのサービスは、エアコン完備で朝夕2回の散歩付きの「ホテル」(1泊4,320円~)、下北沢を散策中などに利用できる「一時お預かり」(1時間ごとに540円)。料金はルームサイズによって異なる。物販の販売は、フード約50点、おやつ約90点、サプリメント約10点、おもちゃ約50点、ケア用品約50点などをそろえる。

 同店はインテナントとしてペットの生体販売店「Pet Plus(ペットプラス)」(運営会社=AHB、江東区)も併設。自然光が差し込む店内のケージで、約10頭の子犬・子猫を販売する。全国各地の契約ブリーダーから預かり、社内のウエルネスセンターにて厳しい受入検査基準に合格したペットのみ。購入検討客向けにホームステイ(無料、1泊)のサービスも行っている。「特に初めてペットを迎える家庭の場合、自宅にペットがいる雰囲気がなかなか理解しづらい。ペットはこれから長い年月を過ごす家族になるので、それができるかよく考えてもらう意味がある」(ペットプラス・中根店長)という。

 「最近の人気犬種はトイプードル」だというが、同店で「抱っこ」の人気犬種は「フレンチブルドッグやペキニーズ」。「ワンちゃん連れで来店する方を見ていても、下北沢は比較的こだわりを持った犬種が多いように感じる」とも。「散歩中に涼みに来たり、ワンちゃん同士のつながりの場にしたりしていただけたら。地域密着型の店舗として、飼い主さんとペットの暮らしをより豊かにしていきたい」と意気込む。

 営業時間は9時~20時(生体販売は12時~)。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?