下北沢にレンタルスペース「レインボー倉庫3」-コワーキングエリアや屋上も

4階「シェアワークエリア」の「ファクトリー」に立つ磯貝綾乃さん

4階「シェアワークエリア」の「ファクトリー」に立つ磯貝綾乃さん

  •  
  •  

 下北沢南口に1月25日、レンタルスペース「レインボー倉庫3」(世田谷区北沢2、TEL 03-5787-6882)がオープンした。 

3階「ボックスショップ」の様子

 店舗面積は5フロア合わせて約90坪。内装業やインテリアコーディネートを行う「ティープラスター」が運営を行う。横浜、池尻大橋に続く3店舗目となる。同社の磯貝綾乃さんは、3店舗目に下北沢を選んだ理由について「良い物件に出会えたというのもあるが、下北沢には若者が何かを作って展示や販売をしたり、表現したりできる場所があまり多くないことを知った。そういった人たちのスタート地点になる場所を作りたいと思い、この物件に決めた」と話す。

[広告]

 1、2階は、1~2坪ほどの部屋を賃貸利用できる「ショップ&オフィス」。横浜や池尻大橋ではこのスペースに「コーヒースタンドやネイルサロン、花屋やアトリエなど、幅広い用途で入居する人がいる」という。3階は展示会やイベントに使える「ギャラリー&フリースペース」と、小物の展示や委託販売が手軽にできる「ボックスショップ」。「『ボックスショップ』は、下北沢に店を持ちたくても、毎月の賃料は高くて払えないという人に使ってほしい」と磯貝さん。4階は「シェアワークエリア」と呼び、デスクワークができる「デスク」と、工具を使った作業ができる「ファクトリー」。5階には「プレイルーム」として屋上を解放し、天気のいい日には富士山を眺めることもできる。

 価格は「ショップ&オフィス」(月額4万3,200円)、「ギャラリー&フリースペース」(4時間=7,560円~)、「ボックスショップ」(月額3,240円~)。「シェアワークエリア」は、1日3時間まで使える「1DAY PLAN」(1,620円)や、月内無制限で利用できる「PLAN100」(2万7,000円)など。「PLAN100」のみ、法人登記、ポスト利用も可能。オプションサービスには、「駐輪場利用」(月額1,500円)、「ロッカー利用」(月額3,000円)、「レインボー倉庫への引っ越しお手伝いサービス」(2万4,840円)などを用意する。

 営業時間は10時~22時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?