食べる

下北沢のカレー店「般°若」が復活-真っ黒なカツカレーが目玉

リニューアルの目玉として開発した「マハーカツカレー」(1,520円)

リニューアルの目玉として開発した「マハーカツカレー」(1,520円)

  • 0

  •  

 下北沢北口のカレー店「般°若(パンニャ)」(世田谷区北沢3、TEL 03-3485-4548)が1月23日、リニューアルオープンした。

真っ黒なイカスミ入りパン粉をつける様子

[広告]

 昨年8月から休業し、スタッフの体制を整える都合で再開のタイミングが予定よりも遅れていたという同店。席数は以前と変わらずカウンター10席。壁の一部を塗り替え、食券の券売機を新たに設置した。

 オーナーは俳優・タレントの松尾貴史さん。「オーナーと新しいメニューについて話し合った」というスタッフの渡辺大黒さんによると、新しいカレーのスパイスは「サラサラしてもたれないうま味のある味を目指し調合した」という。これまでルーは中辛のみだったが、辛口を追加。好みに応じて選ぶことができる。リニューアルの目玉として開発した「マハーカツカレー中辛・辛口」(各1,520円)は、「松尾さんのお気に入り」という豚肉料理店「?屋(たくや)」(大阪府)から仕入れたイカスミ入りパン粉で揚げた黒い衣のカツが特徴。豚肉も以前とは仕入れ先を変えて10~20グラムボリュームアップし、110~120グラムで提供している。

 メニューは「チキンカレー 中辛・辛口」(各970円)、「野菜カレー 中辛」(1,080円)、「野菜とササミカツカレー」(1,280円)、「ハーフ&ハーフ チキンと羊の辛口キーマ」(1,350円)など。ドリンクメニューは「ハートランドビール」(600円)、「ハイサワー」(500円)、「イチゴラッシー」(300円)など。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~21時30分。水曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース