食べる

下北沢に「ビストロR」 「レインボーキッチン」が初のビストロ業態

「フレンドリーな接客を心がけている」という石橋剣道店長(右)

「フレンドリーな接客を心がけている」という石橋剣道店長(右)

  •  
  •  

 下北沢南口に「ビストロR」(世田谷区北沢2、TEL 03-6804-0058)がオープンして1カ月が過ぎた。

赤ワインに合う「ビストロモツ煮」

 同店は「RAINBOW kitchen 下北沢」や「RAINBOW cafe,dining&bar 下北沢」(以上、北沢2)を展開するレインボーカンパニー(世田谷区)が経営する。カフェ業態は高円寺店、阿佐ヶ谷店、幡ヶ谷店、三軒茶屋店、大岡山店、下北沢店があるが、ビストロ業態は初。店舗面積は13坪。席数は27席(うち、カウンター7席)。

[広告]

 系列店全店で共有しているAdditive-Free(料理に使う全ての食材を天然由来のものとし、化学合成された化学調味料・甘味料・酸味料・香料・保存料・酸化防止剤などを一切使わない)は同店でも採用する。

ランチメニューは「ハラミステーキ」(ライス・サラダ付/1,058円)、「日替りピザ」(サラダ付/950円)、無添加の生パスタを使用する「3種のチーズの牛スジラグーソースパスタ」(サラダ付/1,004円)など。

ディナーメニューは「メガ盛り6種(取材当日はソーセージ、ハラミ、ラム、日南鶏、カモ、松阪ポーク)」(3,218円)、「スフレオムレツ カニクリームソース」(810円など)。赤ワインを使って煮込んだ「ビストロモツ煮」(540円)にはスモーク半熟卵とチーズも入っており「ワインと合う味になっている」という。

 ドリンクメニューは「生ビール」(626円)、「クラフトビール」(1,004円~)、常時10種を取りそろえる「グラスワイン」(626円~)や、44種類の「ボトルワイン」(3,218円~)など。

 石橋剣道店長は「お客さま一人一人のニーズに合わせた、気軽に入れるビストロにしていきたい」と笑顔で話す。

 営業時間は12時~翌3時。ランチは17時まで。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?