食べる

下北のコーヒー専門店でバレンタイン限定ブレンド パッケージに特徴

店内にて。バレンタインブレンド(豆:100g 900円、200g 1,700円、喫茶:2杯分 650円)とピーナッツバターブラウニー

店内にて。バレンタインブレンド(豆:100g 900円、200g 1,700円、喫茶:2杯分 650円)とピーナッツバターブラウニー

  •  

 下北沢のスペシャルティコーヒー専門店「COFFEA EXLIBRIS(コフィア・エクスリブリス)」(世田谷区代沢5)が現在、バレンタインデー限定ブレンドを販売している。販売はこの時期毎年行われ、今年で12回目。

スタッフのみんみんさん(鍵盤奏者、バリスタ)

 「今年のバレンタインブレンドの特徴はバランスの良いチョコ感、そして少し冷めてから感じられるダークチェリーの風味。コスタリカ・ブルマス、グアテマラ・ラ・ベイア農園、コロンビアなどのスペシャルティコーヒーを使用した、滑らかな舌触りのきれいな味わいの一品」と店主の太田原一隆さん。「コーヒー好きな方への贈り物はもちろん、甘い物との相性も良いのでバレンタインチョコレートに添えて贈るのもおすすめ」とも。

[広告]

 店名の「COFFEA EXLIBRIS」はラテン語で「コーヒーの蔵書票」の意味。お気に入りの本に「これは私のお気に入り」と蔵書票を貼るイメージで、全ての商品のパッケージに蔵書票を付けている。バレンタインブレンドには「ハートを開ける鍵はコーヒーかも…」がテーマの京都の型染め作家・関美穂子さんの作品を採用。

 「商品のパッケージには、そのコーヒーの特徴を描いた蔵書票を付けている。レギュラー商品では生産国の風景などを記していて、裏にはコーヒーのプロフィール文を載せているので、蔵書票を眺めながらコーヒーを味わってほしい。蔵書票を集めると飲んだコーヒーの記録にもなる」と太田原さん。

 バレンタインブレンドは豆の販売と店内喫茶での提供。期間は2月14日まで(オンラインショップは13日まで)。2月10日~14日は、ケーキ店「ルラシオン」(南烏山3)のチョコレートや焼菓子も販売する。

 営業時間は13時~22時。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?