天気予報

27

13

みん経トピックス

下北沢の美容室がゲームに下北ヴィレヴァンで限定販売

下北沢に初のホステル バンドマンが手掛ける、訪日外国人需要見込む

下北沢に初のホステル  バンドマンが手掛ける、訪日外国人需要見込む

共有のラウンジスペース

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢にホステル「SHIMOKITA HOSTEL」(世田谷区北沢)が4月3日、オープンした。運営はBARE NOTE STUDIO(同区代田6)。

ドミトリールーム

 代表の黒木郁己さんは、バンド「蟲ふるう夜に」のドラムとして8年間活動したほか、これまで訪日外国人向けの宿泊施設の内装デザインやディレクションを30部屋以上、行ってきた。

 下北沢では民泊の空き部屋をゲストに貸し出すサービスをしてきた黒木さんは、「利用するゲストたちの95%以上が訪日外国人観光客」だったことに着目。「新宿、渋谷、原宿に近いという理由で、下北沢という街を知らずに来るゲストがほとんどだった」と言うが、「宿泊後、多くのゲストが『シモキタは最高だった。次はシモキタに遊びに来るね』と言ってくれた」と振り返る。一方で、下北沢に訪日外国人が宿泊できる施設は少数の民泊しかなく、下北沢の魅力を伝えるプラットホームとなる同ホステルをオープンすることとなった。

 立地は下北沢駅の南西口から徒歩2分。ゲストルームは1~2人で利用できる個室(7,000円~)のほか、リーズナブルな相部屋のドミトリー(3,800円~)など全17室。宿泊の以外にも、パソコン作業や仮眠などの用途で使えるデイタイムプラン(11時30分~15時のみ、1時間540円)も用意する。現金支払いは不可で、支払いはクレジットカードかICカードのみ。シャワールーム、バスタブ、トイレ、パウダールームなどは共有で、宿泊客らが交流を深めることができるラウンジなども用意する。

 チェックイン=16時~22時、チェックアウト=翌11時まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

お茶の苗木(ポスター)
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング