見る・遊ぶ

下北沢でバンド主催のサーキットフェス 音楽以外のクリエーターも参加

ナツドキ2018スタッフ一同

ナツドキ2018スタッフ一同

  •  
  •  

 「ナツドキ」は、バンド「Sunday is Wednesday」のフロントマンである越野和馬さんが主催するサーキットフェス形式のイベント。2017(平成29)年に神楽坂でスタートし、下北沢が会場となるのは昨年に引き続き今年で2回目。

「ナツドキ2018」出演の三上唯さん

 「あなたと初体験が出会うOMATSURI」をキャッチコピーに、バンドや弾き語りなどの音楽だけにとどまらず、写真家やイラストレーターによる展示、占い師や役者、映画監督と、ジャンルを超えたクリエーター同士が共演する。現時点で発表されているのは、音楽、映画、演劇、写真、イラスト、占い、デザインの各分野から42組。公式サイトでは出演アーティストの楽曲を予習できるプレーリストも公開中だ。

[広告]

 越野さんは同イベント開催に当たり、「世の中にはいろいろなドキドキがある。もちろん、ワクワクのドキドキもあれば、緊張や恐怖、不安から来るドキドキも。僕はその全てを引っくるめてパッケージングしたいなと思った」とコメント。続けて「それは子どもの頃の、自分だけの最強のおもちゃ箱のような、それは時を経て昇華したタイムカプセルのような。そんなものを開ける瞬間のドキドキを創りたいという思いでナツドキを開催している。この場所には僕の大好きしか詰め込まれていないし、そういうイベントを皆で創れることにすごく誇りを持っている」とも。

 会場は下北沢ReG、下北沢MOSAiC、近松、下北沢LOFT。チケットは3,000円(別途ドリンク代600円)。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?