見る・遊ぶ

いとうせいこうさん、奥泉光さんが下北沢で「文芸漫談」 シェイクスピア題材に

過去の「文芸漫談」の様子

過去の「文芸漫談」の様子

  •  
  •  

 「文芸漫談 SEASON5 シェイクスピア『ハムレット』」が9月20日、北沢タウンホール(世田谷区北沢2、TEL 03-5478-8006)で行われる。運営は「K・企画」。

 作家・クリエーターのいとうせいこうさんと、芥川賞作家であり大学教授の奥泉光さんが「小説のおもしろさを、笑いを取りながら伝えたい」と漫談形式で始めた文学ライブ。文学作品を題材にし、笑いを盛り込みながら2人で作品を語る漫談形式のトークショーで、年3回のシリーズとして行ってきた。

[広告]

 2006(平成18)年から始め、48回目となる今回の題材は、シェイクスピアの「ハムレット」。同社担当者の菊地廣さんは「今回は3年ぶりに演劇の街・下北沢に戻ってのシェイクスピア作品なので、2人は『衣装など着けたらどうかな』などと意気込んでいる。芝居の世界とは違う、読み物としての新しいシェイクスピアの世界が楽しめるのでは」と話す。

 19時30分開演。チケットは、前売り=2,500円、当日=2,800円。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?