3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

下北沢にコワーキングスペース デザイン会社が元オフィスを活用

「ロバート下北沢」内観

「ロバート下北沢」内観

  • 2

  •  

 コワーキングスペース「ロバート下北沢」(世田谷区北沢2、TEL 03-5452-2781)が7月2日、下北沢にオープンした。

「チルスペース」

 テーマは「働きながら、あそぶ」「あそびながら、働く」。デザイン会社SLOW inc.(世田谷区)が移転前にオフィスとして使っていたスペースを活用する。

[広告]

 仕切りを設けた固定席や下北沢の街を眺めることができるカウンター席のほか、ソファ席と本棚を設置した「チルスペース」、軽食可能な「スナックスペース」などを備える。

 利用料金は月額制と1日利用を用意する(フリードリンク付き)。月額制は、フリーアドレスの「ベーシック」(2万4,000円)、固定席を利用できる「スタンダード」(4万5,000円)、固定席、ロッカー、法人登記、住所利用が可能な「プレミアム」(5万3,000円)の3種類。1日利用の「ドロップイン」(10時~18時)は3,000円。

 社長の原大輔さんは「下北沢の新たな活動拠点として活用していただければ。クリエーティブの会社ならではの独自イベントも企画したい」と意気込む。

 営業時間は10時~23時(ドロップインは18時まで)。

Stay at Home

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?