見る・遊ぶ

下北沢で「昭和遺産」を紹介するオンラインイベント ゲストは吉村智樹さん

同書で紹介されている「かに太郎」

同書で紹介されている「かに太郎」

  • 59

  •  

 下北沢の書店「本屋B&B」(世田谷区代田2、TEL 03-6450-8272)のオンライン配信イベント「昭和スポットはなぜ世代を超えて人を惹きつけるのか?」が3月5日、開催される。

著者の平山雄さん

 同企画は、ブログ「昭和スポット巡り」管理人・平山雄さんの新刊「昭和遺産へ、1703景」の刊行イベント。同書は、8年間にわたって47都道府県を巡り歩き、純喫茶、商店街、ドライブイン、遊園地、スナック、ラブホテル、土産店、飲み屋街などを紹介したブログを書籍化したもの。

[広告]

 ゲストは、関西ローカルのテレビやラジオ番組の構成を手がける放送作家の吉村智樹さん。吉村さんは、「VOWやねん!」など、関西の路上観察系書籍を数多く出版している。

 今回のイベントについて、同店スタッフの中川紀彦さんは「下北沢にも『下北沢駅前食品市場』や『ジャズ喫茶マサコ』など、かつてはノスタルジックで雰囲気のある場所があったが、かなりの数なくなってしまった。全国に現存するそうしたスポットも、コロナ禍や後継問題でいつなくなるかわからない。本当はそうした店に行くのが一番いいが、自由な外出も難しい今、選(よ)りすぐりの全国の昭和遺産を見ることで、日々のストレスを少しでも癒してもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は20時~22時。料金は、配信参加=1,650円、サイン本「和遺産へ、1703景」付き=3,300円。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース