食べる

下北沢に「j.s.パンケーキカフェ」-先行販売商品が連日完売

同店先行販売の「j.s.パンケーキパイ」(200円)は、パイ生地の間にカスタードクリームとパンケーキが挟みこまれている

同店先行販売の「j.s.パンケーキパイ」(200円)は、パイ生地の間にカスタードクリームとパンケーキが挟みこまれている

  •  
  •  

 下北沢北口に12月3日、「j.s. pancake cafe(ジェイ・エス・パンケーキカフェ)下北沢店」(世田谷区北沢2、TEL 03-5738-2141)がオープンした。

テークアウト専用カウンター

 アパレルブランド「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」を展開するベイクルーズ(渋谷区)が経営するパンケーキ専門店で、全国で12店舗目。店舗面積は約12坪、席数は15席(うちカウンター3席)。

[広告]

 メニューは「j.s.パンケーキ(バター、トッピング3種付き)」(780円)、「アボカドサーモンパンケーキ」(980円)など。パンケーキは甘い味のものから食事系まで豊富にそろえる。ドリンクメニューは「パンケーキに合うオリジナルブレンドの紅茶」という「j.s.ブレンド」、コーヒー(以上450円)など。一部メニューはテークアウトもできる。

 同店の系列店は、これまで商業施設に出店することが多く席数も30~50席規模の店舗が多かった。下北沢はこれまでで最も規模が小さく、テークアウトに対応するのも初。「気軽に食べられるニュースタイルパンケーキを提案している」と販売促進部の一丸りささん。

 同店先行販売の「j.s.パンケーキパイ」(200円、テークアウトのみ)は「サクサクのパイでパンケーキを挟み込んだ新しいスタイルのパンケーキで、食べ歩きや土産におすすめ。見た目より軽くてペロッと食べられる」。同じく同店先行販売の「パンケーキブリュレ」(テークアウト280円、イートイン680円)は、パンケーキを細かく刻み卵液に浸してオーブンで焼き上げる。「売りであるふわモチ食感がさらに弾力を増し食べ応えのある商品」という。

 両商品は数量限定のため連日売り切れが続いている。パンケーキパイは開店から1時間で完売するほど人気といい、「『下北沢といえばこれ』と言われるように、下北沢発の商品をさらに押し出していきたい」(一丸さん)と意気込む。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?