見る・遊ぶ

下北沢に楽器リペアショップ 緊急時にミュージシャンらが駆け込み

サブマネージャーの坂内さん(左)とストアマネージャーの野阪さん(右)。

サブマネージャーの坂内さん(左)とストアマネージャーの野阪さん(右)。

  •  
  •  

 運営するのは、でんぱ組inc.や中川翔子、BiSなどのアーティストをプロデュースし、楽曲提供も手掛ける音楽制作チーム「SCRAMBLES」。同チームが大岡山で運営する音楽スクール「スクランブルズ ミュージック カレッジ」の下北沢校が4月に開校し、そこに併設するショップが「リトルバイテック」となる。

リペア作業中の坂内さん

 取り扱う商品は楽器本体のほか、ギターやベースの弦やピック、ドラムのスティックといった楽器小物の販売と楽器のリペアサービスがメイン。「ライブ本番前に楽器周辺の機材を忘れたことに気付いたり、緊急の修理が必要なミュージシャンが駆け込んだりすることもある」とストアマネジャーの野阪さん。「下北沢は、ライブハウスは多いのに、意外にも、こうしたサービスをする場所は無かった」とも。

[広告]

 サブマネージャーの坂内さんによれば、「ライブを数時間後に控えている場合は応急処置を施し、ライブ終了後に本格的にリペアすることもある」という。

 リペア料金はネック、弦高、パーツ洗浄などを含む基本料金が4,500円から。その他、楽器の状況に応じて変動する。「プロヴィジョンギター」と提携し、今後はオーダーギターを注文することもできるようにする予定。中古品の取り扱いも準備中だ。

 音楽スクールには、楽器初心者から学べる「レギュラーコース」と、音楽を仕事にしたい人のための「プロフェッショナルコース」があり、SCRAMBLESの影響もあってDTMコースが特に人気。プロの講師陣に見出され、デビューにつながったケースもあるという。

 営業時間は12時~20時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?