見る・遊ぶ

下北沢にノーナ・リーヴスのデビュー20周年記念カフェ コラボメニューも

メッセージノートを持つスタッフの村上さん

メッセージノートを持つスタッフの村上さん

  •  
  •  

 下北沢南口の「mona records(モナレコード)おんがく食堂」(世田谷区北沢2、TEL 03-5787-3326)で現在、バンド「NONA REEVES(ノーナ・リーヴス)」とのコラボレーションカフェ「NONA CAFE」が期間限定でオープンしている。

コラボメニューの「O-V-E-R-H-E-A-Tカレー」

 今回のコラボは、バンドのデビュー20周年ベストアルバムのリリースを記念したもの。期間中は、コラボアーティストの写真やポスター、グッズの展示を行う。スタッフの村上奈緒子さんは「20周年記念ということで、メンバーも展示に積極的で、実際に仕事で使っていた貴重なファイルや資料も提供してくれた。この機会に見てほしい」と話す。

[広告]

 カフェのコラボメニューもメンバーが考案。いずれもバンドの人気曲やアルバムタイトルから命名したもので、一番人気が「O-V-E-R-H-E-A-Tカレー」(850円)。そのほか、「BLACKBERRY JAMのFORTY PIES」(550円)、「LOVE TO餃子(ギョーザ)」(580円)、「HEY, エビBODY丼」(900円)。ドリンクメニューには、自家製ベリーシロップのサイダーの「透明ガール」(580円)を提供する。

 期間中、来店客のほとんどが同バンドのファンという。村上さんは「コラボカフェが終わった後にメンバーの方にお渡しするメッセージノートも設置している。メンバーの方と直接つながれるツールになっているので、ファンの方はこの機会に何かメッセージを残しに来ていただいたら」と呼び掛ける。

 営業時間は12時~24時(土曜・日曜・祝日は11時30分~)。3月27日まで。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?