見る・遊ぶ

「下北沢音楽祭」今年も 金子マリさんやシーナ&ロケッツも出演

屋外ステージでフリーライブ

屋外ステージでフリーライブ

  •  

 下北沢の恒例音楽イベント「下北沢音楽祭」が今年も、7月5日から8日まで開催される。

下北沢の街を練り歩くパレードも

 下北沢音楽祭は、下北沢のライブハウスと地元商店街が一体となって作り上げる音楽祭。「異世代共存響声」をテーマに、音楽を通じて地域や国際交流などを目指す。1991年の「ワールド ミュージック フェスティバル イン 下北沢」を第1回とし、第2回から「北沢音楽祭」、2009年の第20回から「下北沢音楽祭」と名称を改め、今回で第28回を迎える。

[広告]

 音楽祭の目玉の一つ「フラフラ下北沢」では、公式サイトで募ったアーティストやライブハウスが推薦するアーティストたちが、下北沢駅周辺に設置された会場でフリーライブを行う。「ヨナヨナ下北沢」では小学生や大学生による演奏を、ライブハウスや北沢タウンホールで開催。「クリーンクリーンパレード」と題したイベントでは、商店街や地元の学生たちがたばこのポイ捨て禁止や環境美化をマーチングしながら街を練り歩く。

 下北沢GARDENでは7月8日にシーナ&ロケッツとTHE BIRTHDAY、7日は金子マリさんを中心に「Mari Kaneko Presents 5th Element Will Featuring Kyoichi Kita IIAlbum Release Party」を開催。最終日には風知空知で金子マリさんと三宅伸治さん出演のグランドフィナーレ「ザ・うちあげ」を予定する。

 同祭実行委員長の柏雅康さんは「下北沢には山や川などの自然は多くはないが、ライブハウスや音楽ホールはたくさん。そんな下北沢をみんなが胸を張って『ふるさと』と思ってもらえるように、商店街、町会、学校なども協力して開催する」と意気込む。

 参加費用は路上ライブなどの屋外イベントは無料。ライブハウスでは一部有料、事前申し込みが必要なものも。詳細は公式サイトで確認できる。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?