見る・遊ぶ

下北沢一番街で夏の風物詩「阿波おどり」 飛び入り参加も可能

商店街を参加連が踊り歩く

商店街を参加連が踊り歩く

  •  

 「第53回 下北沢一番街 阿波おどり」が8月18日・19日、下北沢一番街で開催される。

地元連の「下北沢一番街やっとこ連」

 1966(昭和41)年に始まり、今年で53回目。下北沢一番街は戦後の1965(昭和40)年に名付けられ、その翌年から商店街の活性化のために阿波おどりが始まった。

[広告]

 当日は、商店街の本通り・栄通り・仲通りを阿波おどりの参加連が流れるように踊り歩く「流し踊り」と、参加連がそれぞれ所定の場所にとどまって連独自の踊りを披露する「組み踊り」で構成。誰でも参加できる「飛び入り連」も用意する。

 17日は前夜祭として「阿波NIGHT」を開催。商店街の指定ポイントで4組のアーティストがパフォーマンスを披露する。

 開催時間は、前夜祭=18時~20時30分、流し踊り=18時30分~20時、組み踊り=20時10分~20時30分。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?