3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

下北沢に女性向け「おひとりさま点心」 290円からリーズナブルに

「小籠包」

「小籠包」

  • 5

  •  

 中華料理店「飲茶(ヤムチャ)LIFE」(世田谷区北沢2、TEL 03-6886-0037)が6月11日、下北沢にオープンした。運営はLIFE X(文京区)。

木目を基調とした店内

 点心や中華料理をリーズナブルな価格で提供する同店。ラー油は10種のスパイスと食材を使って仕込み、花椒(ホアジャオ)などのスパイスも毎朝店でひいている。

[広告]

 内装は従来の中華料理店とは異なり、木目を基調としたカフェのようなデザインに仕上げた。社長の川上統一さんは「ターゲットは女性の『一人ご飯』。手軽に食べることのできないイメージの点心を、手軽にリーズナブルでスタイリッシュに食べてもらいたい。メイン料理と点心を食べて1,000円以下になるような価格設定をしている。中華を中華らしくない店内で食べてもらうことも、挑戦の一つ」と話す。

 メニューは、「小籠包(ショーロンポー)(3個)」「水餃子(ギョーザ)(5個)」(以上290円)、「肉しゅうまい(3個)」(390円)、「麻婆(マーボー)豆腐」(550円)、「濃厚担々麺」(680円)など。「台湾水果茶」(520円)、「台湾ビール」(390円)などのドリンクもそろえる。

 「実際にオープンしてみると、ライブの打ち上げで点心と台湾ビールを召し上がるバンドグループや、ファミリー、女子グループ、ご年配の方など、老若男女が来店しており、女性の一人ご飯以外にも利用いただいている。これが下北沢のパワーだなと感じた」と川上さん。「食材、料理、価格、内装、接客など全てに最高に気持ちいい体験をしてほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~21時(金曜・土曜は22時まで)。現在は新型コロナウイルス対策のため、マスクの着用、アルコール消毒液の設置、席の間引きなどを行う。

Stay at Home

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?