3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

「妄想国語辞典2」発売 下北沢で妄想する男、松重豊さんグラビアに起用

「妄想国語辞典2」

「妄想国語辞典2」

  • 20

  •  

 下北沢を舞台に妄想する男として、俳優の松重豊さんをイメージキャラクターにグラビア起用した書籍「妄想国語辞典2」が8月31日、発売された。

女子アナとプロ野球選手

 書店「ヴィレッジヴァンガード」のフリーペーパー「VVmagagine」で連載中の「22世紀の言葉」に書き下ろしの言葉とエッセーを追加した書籍「妄想国語辞典」の続編。辞書などに載っていない口語やネット用語、宣伝文句などを独自に解釈して意味と例文を紹介する。

[広告]

 「全米が泣いた 【意味】なんの根拠もないこと。」「拡散希望 【意味】内容次第なこと。」「変な話するけど 【意味】極めて普通の内容。」「知り合いの知り合い 【意味】ほぼ無関係なこと。」「何階ですか? 【意味】さりげない優しさ。」「B型っぽいね 【意味】複雑な気持ちになること。」など、ユニークな言葉の解釈が並ぶ。

 著者ははがき職人を経てコピーライターとして活動する野澤幸司さん。同書では「まだ存在しない日本語を妄想で開発し、勝手に発表していくという、この実に不毛な企画。それがなぜ、想像以上に多くの人に受け入れてもらえたのか。その答えは、妄想し尽くしても出てきそうにありません。そしてまさかの第二弾。もはや意味不明です」(同書より抜粋)とコメントする。

 発行元の扶桑社宣伝部の桜井優花さんは「著者の野澤さんがイメージする『妄想癖のある男』を自然体で演じてくださると思い、松重さんにオファーさせていただいた。下北沢は新しさと懐かしさが共存する街で、若き日に松重さんがアルバイトをされていた街でもある。野澤さんの作り出す言葉やその意味と、松重さん演じる『妄想癖のある男』が独特の世界観を生み出し、皆さんに楽しんでいただける一冊になったのではないか。下北沢とご縁のある皆さまにも手に取っていただきたい」と話す。

 価格は1,000円。

Stay at Home

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?