暮らす・働く

上北沢の大型シェアハウスに半年間無料招待 空き室を活用して若者支援

「KAMIKITA HOUSE」外観

「KAMIKITA HOUSE」外観

  • 0

  •  

 大型国際シェアハウス「KAMIKITA HOUSE」(杉並区下高井戸4)で、29歳以下の若者を半年間無料招待するプロジェクト「UNINEST SUPPORT 2021」がスタートした。

共用のロビー

 新型コロナウイルスの影響でコミュニティーと分断されたり、収入減となってしまったりした若者に、やりたいことと向き合いチャレンジする機会を提供する。住む場所を提供するだけでなく、シェアハウスならではの多様な国籍、職業、趣味が交わる場で、長期的なチャレンジの機会の創出を目指す。

[広告]

 「KAMIKITA HOUSE」は2020年10月にオープンした、全326ベッドを所有する大型シェアハウス。当初は外国人留学生を主な居住者と想定していたものの、新型コロナウイルスの影響でスペースに余裕ができており、今回のプロジェクトはそれらを有効活用するために考案された。

 「KAMIKITA HOUSE」を運営するユニネスト合同会社代表の岩崎拓さんは「今回のプロジェクトは、誰かと何かをやりたいという全ての若者へ向けたエール。参加者にとって、前にこぎ出す転機になれば」と参加を呼び掛ける。

 募集人数は10人で、応募期間は4月15日まで。居住期間は2021年4月、または5月から、2021年9月末までの約半年間。居住中はワークショップやディスカッションなどに参加することとなる。応募は募集ページから。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース