「薔薇族」編集長・伊藤文学さんコレクション展-ポストカードなど販売

絵葉書の額を持つ伊藤さん。現在はアメリカの古着を収集しており、下北沢で買い物することも多いという

絵葉書の額を持つ伊藤さん。現在はアメリカの古着を収集しており、下北沢で買い物することも多いという

  •  
  •  

 下北沢南口の書店「ONE LOVE BOOKS」(世田谷区北沢2、TEL 03-3411-8302)で8月22日より、雑誌「薔薇族」編集長の伊藤文学さんによる「伊藤文学のコレクション展」が開かれている。

 1932年世田谷区生まれの伊藤さんは1971年、男性同性愛専門誌「薔薇族」を創刊し。同性愛に真面目に取り組んだ特集企画やタレントのおすぎさんら著名人のコラムで話題を集めた。2004年9月の休刊以降、復刊と休刊を繰り返したが、昨年4月に3度目の復刊。以降、季刊として刊行され現在、通巻397号目となる「08年夏号」が発売されている。また伊藤さんは、世田谷区立代沢小学校(代沢5)、私立世田谷学園、駒沢大学文学部をそれぞれ卒業し、生まれてから一貫して世田谷区内に住み続けている「世田谷っ子」でもある。

[広告]

 同展では、「昔から集めることが好きだった」という伊藤さんのコレクションの一部を公開。19世紀初頭の絵葉書や、20世紀初頭にアメリカで作られたバースデーカードやクリスマスカードなど、伊藤さんが骨董店を通じて集めたポストカードを額に入れて販売する。「薔薇族」にも連載していた漫画家、山川純一さんらのイラストも併せて販売。

 伊藤さんは「戦争は文化を中断させてしまうが、第一次世界大戦が始まる1914年より前の絵葉書はとても良い作品が多い。女性にも喜んでもらえる内容の展示となっているので、ぜひ見ていってほしい」と話す。今後も定期的に行うことを検討中だという。

 営業時間は12時~21時。入場無料。9月2日まで。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?