見る・遊ぶ

下北沢で「東京学生映画祭」-アニメなど15作品、石井裕也監督ら審査員に

昨年のトークセッションの様子

昨年のトークセッションの様子

  •  
  •  

 学生主体の映画祭「東京学生映画祭」が5月25日~27日、下北沢南口の「北沢タウンホール」(世田谷区北沢2、TEL 03-5478-8006)で開催される。

 企画・運営を全て学生が手掛ける同映画祭。開催は今年で24回目となる。東京近郊の大学・専門学校に所属する映像制作団体から募集した作品を上映し、グランプリを決定する。映画祭では過去に、現在活躍中の映画監督、中村義洋さんや園子温さんなども出品してきた。

[広告]

 今年はアニメーションや実写など、予選を勝ち抜いた15作品の上映を予定している。出品作品には「震災の影響を感じさせる作品も見受けられた」と、同映画祭の宣伝を担当する日本大学3年生の目黒竜大さん。

 審査員は、映画「カフカ 田舎医者」の山村浩二監督、アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の神山健治監督、映画「川の底からこんにちは」の石井裕也監督など。

 上映スケジュール、チケット情報は同映画祭のサイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?