天気予報

24

15

みん経トピックス

下北沢にカレー専門店の新店下北で今川義元モデルの演劇

下北沢に「石焼らーめん火山」 「噴火するらーめん」提供

下北沢に「石焼らーめん火山」 「噴火するらーめん」提供

人気メニューの「完熟みそらーめん」

写真を拡大 地図を拡大

 下北沢にラーメン店「石焼らーめん火山 下北沢店」(世田谷区北沢2、TEL 03-3421-7010)がオープンして2カ月がたった。

店長の大澤和浩さん

 栃木、宮城、福島、埼玉、神奈川など7県に20店舗を展開しており、下北沢店は東京初出店店舗となる。

 店長の大澤和浩さんによると、「噴火するらーめん」は、300度以上に熱した石鍋に目の前で湯を注ぎ、スープが沸騰する様子を表したものという。

 メニューは、看板メニューの「完熟みそらーめん」(900円)をはじめ、醤油らーめん(850円)、雷味噌(みそ)らーめん(950円)、とんこつらーめん(880円)、焦がし焼豚麺(1080円)など。夏季限定の「激辛らーめん」など季節メニューもそろえる。

 大澤さんは「食べるのが早い人でも完食には15~20分ほどかかる。麺は三澤食品独自配合の伸びにくい麺を使っている。野菜は国産の物を使い、みそらーめんのみそは沸騰しても香りが飛ばないよう特製の物を使っている」と話す。

 下北沢店限定のサービスとして、プラス200円で雑炊用の白飯を「ミニ丼」(チーズ焼豚ごはん、しらすごはん、そぼろごはん、めんたい高菜ごはん)への変更に対応する。 毎月14日は「石(いし)の日」として次回から使える半額チケットを配布する。

 大澤さんは「噴火する様子を目でも耳でも楽しんでほしい。今後も新たなメニューを考案していきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

津田蘭子さんのイラスト「ネコと朝」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?

アクセスランキング