食べる 見る・遊ぶ

下北沢で小田原の特産品と神奈川の地酒楽しむイベント 流鏑馬デモンストレーションも

地酒や海産物の販売も行う

地酒や海産物の販売も行う

  •  
  •  

 「『下北沢×神奈川地酒×小田原』祭り」が10月5日・6日、小田急線下北沢駅 東口前特設会場で開催される。主催は、下北沢商店連合会、小田急電鉄。

 小田原の海産物や水産加工品が神奈川県内にある13蔵の地酒と共に楽しめる同イベント。城下町・小田原ならではのイベントとして、流鏑馬(やぶさめ)のデモンストレーション(6日=11時、14時)、風魔忍者手裏剣打ち体験なども用意する。

[広告]

 当日は、「じねんじょ棒」「とろサバ棒」(以上、500円)、焼きガキ、焼きホタテ 、「小田原のおでん」(以上、600円)、「湘南ゴールドエール」(700円)、神奈川県酒造13蔵の純米酒(各600円)などを販売する。

 チケットは2日間共通価格、前売り=1,900円、当日=2,000円(以上、会場で使える2,000円分の金券付き)。

 小田急電鉄 CSR・広報部担当者は「シモキタでオダワラが体験できる2日間。食べてよし、飲んでよし、見てよし、の3拍子そろったイベントにご来場いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~19時。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?