食べる

下北沢に台湾料理&レコードの店 「魯肉飯」や台湾クラフトビール提供

「魯肉飯」

「魯肉飯」

  • 283

  •  

 台湾料理&レコードの店「大浪漫(ろまん)商店 BIG ROMANTIC STORE」(世田谷区代田2)が7月31日、下北沢の複合施設「BONUS TRACK」内にオープンした。

「大浪漫商店 BIG ROMANTIC STORE」外観

 青山と台湾の台北に展開するライブハウス「月見ル君想フ」のオーナー、寺尾ブッタさんが運営する。「自社の音楽レーベルBIG ROMANTIC RECORDSの実店舗を作りたかった。台湾の音楽やカルチャーに触れられる飲食店を目指しており、台湾の衣・食・酒のインディーズカルチャーを提供したい」と寺尾さん。

[広告]

 店内では自社レーベルのレコードやグッズを販売する。展示コーナーは月替わりで現在は台北の人気ショップ「PAR STORE」の商品を展示販売している。寺尾さんは「今後は、台湾やアジア全般の人気ブランドとのコラボ商品も開発していく」と意気込む。

 台湾料理メニューは、甘じょうゆで煮込んだ豚肉をご飯にかけた「魯肉飯(ルーローファン)」の「魯肉飯弁当」(800円)を主力に、台湾式の冷製煮込み「滷味(ルーウェイ)」(500円)、台湾スイーツ「愛玉子(オーギョーッチ)」(500円)、台湾で人気だというクラフトビール「禾餘○酒 ALECHEMIST」(○は口へんに卑、900円)などをそろえる。

 寺尾さんは「新型コロナウイルスの影響で台湾への旅行ができない今だが、店で台湾を感じてもらえたら。気軽にお立ち寄りいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?