買う

世田谷文学館で下北沢の古書店が「ミニ古本市」 「筒井康隆展」関連企画で

クラリスブックス店長の高松さん

クラリスブックス店長の高松さん

  •  

 世田谷文学館(世田谷区南烏山1、TEL 03-5374-9111)1階ロビーで下北沢の古書店クラリスブックス(同区北沢3、TEL 03-6407-8506)によるミニ古本市が12月1日・2日に開催される。これは現在、世田谷文学館で開催されている「筒井康隆展」の関連企画。

 同店が同館で古本市を行うのは初となる。同館は企画展の関連企画で地域の店舗に声掛けし、2017年の企画展「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」では、古書店「ノストスブックス」(世田谷4、TEL 03-5799-7982)が出店している。

[広告]

 今回では筒井さんの著作や関連書籍を200~300冊出品。筒井さんの初版本やサンリオSF文庫の初版本、映画好きの筒井さんにちなんだ映画パンフレットなど、SF、文学、思想、映画、演劇と多分野にわたる筒井さんの活動にリンクしたラインアップとなっている。

 同店店長の高松徳雄さんは「マイナーなマニア向けの商品に加えて、展覧会を観賞に来た人が気軽に買える商品もそろえる。展覧会のチケットがなくても入れる場所が会場になるため、普通に読み物として楽しめる本も置こうと考えている」と話す。

 「今回の古本市では大特価で大量放出する予定。掘り出し物を見つけに遊びに来てほしい」と高松さん。

 開催時間は11時~17時(世田谷文学館の開館時間は10時~18時)。参加無料。

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?