食べる

旧ヤム邸シモキタ荘、「おいなりさん」使った限定カレーメニュー

「スパイスカレーいなりSUSHI」
Photograph by Tsunenori Yamashita

「スパイスカレーいなりSUSHI」 Photograph by Tsunenori Yamashita

  •  
  •  

 下北沢のカレー店「旧ヤム邸シモキタ荘」(世田谷区代沢5)で現在、おいなりさんを使った限定メニュー「スパイスカレーいなりSUSHI」と「いなりキーマカレー」が提供されている。

「いなりキーマカレー」

 同メニューは、米国で生産される米の販促活動やサポート活動をする「USAライス連合会日本代表事務所(千代田区)と料理専門誌「料理通信」とのコラボ企画。同連合会が推奨するカリフォルニアの中粒種の米「カルローズ」を使って開発された。

[広告]

 同連合会の担当者は「軽い食感とアルデンテともいえる歯応えで、スパイスやオイルとの相性も良く、カレーにも良く合う」という。おいなりさんを使ったメニューについては「最近は、コンビニでカレーいなりが商品化されていたり、クックパッドなどの料理サイトでもカレーといなりずしのコラボメニューが公開されたりするなど、カレーとおいなりさんの組み合わせが一部で話題となっている」と話す。

 「スパイスカレーいなりSUSHI」(各200円)は、ゴボウの香りと食感がアクセントの「カレー鶏そぼろいなり」、グリーンカレーの辛さをいなりの甘味が中和する「アジアン海老いなり」、魚とマスタード油の組み合わせをいなりに詰めた「〆サバアチャールいなり」の3種(平日ディナータイムのみ提供、19日まで)。

 「いなりキーマカレー」(あいがけ=1,100円、ぜんがけ=1,350円)は、いなりを作った際に残る油揚げを細かく刻んで他の食材と炒めており、ライスを「玄米」「ジャスミンライス」カルローズ使用の「瀬戸内レモン酢ライス」の3種から選べる(平日ランチタイムのみ提供、31日まで)。

 同担当者は「行列ができる旧ヤム邸シモキタ荘のスパイスカレーと、カルローズのコラボメニューをぜひご賞味いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は、平日=11時30分~15時、18時~22時。土曜・日曜・祝日=11時30分~15時30分、17時30分~22時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加

下北沢経済新聞VOTE

下北沢経済新聞を読んだことをきっかけに、実際に足を運んだ店やイベントはありますか?